So-net無料ブログ作成

ハードル(ウェア) [自転車]

ロードバイクに乗るにあたって、いくつかの(個人的な)ハードルが存在します。

まずはロードバイクを買うこと。
 安いもんじゃないから相当な決心が要ります。

靴をビンディングにすること。
 自転車を漕ぐ以外の機能を全く持たないので、ちょっと歩いて寄り道・・がしにくくなります。
 僕の場合は自転車を買った時から覚悟を決めていたので、最初から付けました。

ヘルメットを買うこと。
 必要なものなんですが、やっぱり最初はためらわれるところ。デザインがデザインだけに。
 しかしここらあたりから格好が本格的になっていきます。

レーパンを履くこと。
 よくあるピッチリパンツですね。ここが一番の難関です。これは相当な勇気が必要です。
 そしてついに、この難関に挑むことにしました。



今までパッド付きのインナーパンツをはいて、適当なハーフパンツを履くと言うスタイルでしたが、
ここ最近の暑さからレーパン着用者の涼しそうな姿が羨ましく思え、遂に手を出すことに。
しかし巷の自転車用品はどれもお高いので、まずはお試しとヤフオクで2000円くらいのものをゲット。(画像はありません・・)
しかもこれ、上下セット。安過ぎ。

上下試着してみましたところ、安物にも関わらずいっぱしの自転車乗りに見えるもんですね。
本格的にレーサーに近づいてきたなと(形だけは)。

さて早速着て乗ってみます。
家を出て暫くは・・・恥ずかしかった。。。
どう考えても浮いてる・・・・。
でも、しばらくするとそんな恥ずかしさはどこへやら。
これがロードバイク乗りの正装なんだという意識を持てば、以外とすぐに慣れました。
それに涼しくて快適。
あー、巷のロード乗りはこんな快適な思いをしてたんだなと。
もっと早く着れば良かったと思うほど。

しかし、しばらくして、「安物」という要素が目立ち始めます。
まずはジャージ。
ポリエステル100%の生地は、汗を逃がさない!
生地が背中に張り付き、下りで風を浴びても全く乾かない。
肩口で顔の汗を拭こうにも、顔より肩が先に湿ってる始末。
アンダーシャツを着ればなんとか凌げるかな。
そしてレーパン。
まず、ももの横のロゴが天地逆。膝を上げるとみっともないかたちに。
パッドの形状は今のところ特に問題はないものの、縫製が雑なのか、軽い股擦れが。
さらにこちらも全く乾かない。速乾機能はゼロに近いです。
そして一度履いただけでサドルとこすれる辺りがもうほつれてきてます・・・。

見た目はそれなりでも、やっぱり安物は安物ですね。
でもレーパンはインナーパンツとしても使えるし、ジャージもアンダーシャツを着れば使えます。
2〜3度着れば元を取れるような値段ですし、ま、いいか(^^)



そして最後のハードル。

すね毛剃り。
 これは、レースやイベントに出るようなことがあれば考えようかな。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。